あまちゃんツアー

7月末から8月初め頃に比べればましになったとは言え、毎日暑いですね~。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

ちょっとお久しぶりの百撰日記@武井です。

以前の日記にも書いた通りドラマ大好きな私ですが、

普段テレビを見ないにもかかわらず何故か「あまちゃん」にはまったウチの子。

ドラマ終了後から「あまちゃんツアーに行きたい」と言われておりましたが、

この夏!とうとう!行ってまいりました!

 

メインはやはり「三鉄北リアス線」(ドラマでは北鉄)。

そして海女さんの素潜り実演。

そして、うに丼。

 

というわけで、移動はまず三鉄ありきで考え、ドラマ内で名前の出たJR山田線にも乗るため

東北新幹線で盛岡まで、というコースに決定。

次に海女さんの素潜り実演を調べると、土日しかやっていないらしい。(団体予約は平日も可)

時間は10:20~、11:20~、14:20~の3回。

ネットで乗換案内や時刻表などを調べていると、朝出れば14:20の回に間に合うかな?

そして盛岡まで(宿泊先)17:00には行けるかな?なんて考えていたのが

全く甘かったことを思い知らされました。

14:20の回に間に合うように家を出るのは6時前でないと間に合わない!

仕事でもないのに頑張って早朝出発とかありえん。と思い、初日は宮古までの移動日に決定。

 

翌日朝9時台の三鉄に乗って終点久慈駅(ドラマの北三陸駅)へ。

それでも久慈から臨時の路線バスに乗って小袖海岸(ドラマの袖が浜)に着くのは12時過ぎ。

いつもの感覚で乗り継ぎを考えているととんでもないことになります。

うっかり1本逃したら、次は1時間後、2時間後です。

それはさておき、宮古駅にあまちゃんのイラストポスターを発見しました。

あ!上から2枚目は青木俊直先生の絵だ!!

青木先生はドラマ放映中からfacebookで毎日イラストを公開してらして、楽しみに見てたんです。

とそんなこんなでポスターを見たり、三鉄赤字せんべいを買ってみたりしてるうち、

ようやく乗車できる時間に。

久慈駅まで絶景ポイントでは減速したり停車したりしつつ、車掌さんがガイドをしてくれます。

アキがアイドルになるため上京する時、夏ばっぱが大漁旗を振っていた海岸も見られました。

そして津波で壊れた防潮堤の工事をしているところも。

  

道路脇には「津波浸水区間」という標識が時々現れて見るとハッとします。

 

そして久慈駅到着。

駅前には「あの」看板が!

駅前のシャッターにもイラストがあったり。

  

駅の中には、青木先生のイラストが!!

  

「潮騒のメモリーズ」コスプレもできたりw(さすがに私はやってません)

 

さて岩手県北バスの臨時路線バスに乗って小袖海岸へ。

バスの運転手さんも名所で停車し観光案内してくれました。

そのうちの一つ。つりがね洞。

右下の方にある洞に以前は岩がぶら下がってた?とか。

そして小袖海岸へ到着。バスが着くと待っていた観光協会の方?か

漁協の方?かよくわからないんですが、帰りのバスの発着場所からトイレの場所から、

観光ポイントやらガイドして下さり、海女センター前まで案内して頂きました。

三鉄にしろ、県北バスにしろ、皆さん「あまちゃん」を見て観光に来てくれたお客さんを

もてなししよう!という気持ちをひしひしと感じました。

歓迎されている感じがするのは、やはり嬉しいもんですね。

 

  

夫婦岩と、春子さんが「海死ね、ウニ死ね」と書いてた灯台。

   

今年の春にできたという海女センター展望台から見下ろしたところ。 そして海女さん。

この日は高校生海女クラブからも2人潜ってました。

でもやはりベテランの海女さんとは採れる数が全然違う。さすが。

 

3つ目の目的のうに丼。海女センター3階の「海女cafe」で…、と思っていたら

まさかの売り切れ。(しかも直前)

仕方なく翌日に改めて、宮古駅前の蛇の目本店で頂きました。

3000円と少々お値段張りましたが、この内容なら仕方ないかと。

あ、ちなみに食べたのは子供だけです。

私…実は、ウニ苦手なんで(苦笑

 

長々と書きましたが、ここまでお読み頂きありがとうございました。

三陸も宿泊した盛岡も、とてもいいところだなぁと感じました。

人は親切だし、景色もいいです。

この旅行が震災復興に、ちょっとでもお役にたてたらと思います。

皆様も機会があれば是非。

 

2015-08-18
カテゴリー: 百撰日記
Copyright© 2010-2018協同組合 趣味の百撰会 All Rights Reserved.